見込み客リストを集めるための必須アイテム

こんにちは。

60才おじさま経営者の専属WEBサポーター・つるはらひとみです。

あなたは見込み客リストを増やしたいですか?

何かビジネスをしている人なら、見込み客リストがたくさん欲しいと思うはずです。

でもそう簡単に増やせるものでもないですよね。

そんなときは無料オファーを用意しましょう。

無料オファーとはいわゆる無料プレゼントのことで、見込み客リストを大量に集めるのに使えるツールです。

厳密に言うとECサイトなどでの送料無料やノベルティプレゼント、返金保証なども無料オファーの一種なのですが、今回はセミナーや講座、無形サービスなどの業種向けのお話になります。

無料オファーではあなたの商品サービスに関連する、見込み客にとって有益な情報をレポートや動画にまとめたものが一般的です。

起業コンサルであれば「簡単にセミナーに100人集客できる方法」「初めてでもできる!オンライン講座の始め方」など、あなたがターゲットとしている人たちが「気になる!ほしい!」と思える情報を提供しましょう。

無料オファーを用意したら、ランディングページ(LP)で無料オファーの告知をして、メールアドレスと引き換えに無料オファーをプレゼントするのです。

いわゆるダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)ですね。

(ただし、登録後に急にステップメールやメルマガが届き始めると、あなたに不信感を抱いて登録解除される可能性もあるので、メアド登録フォームに今後案内メールを送る旨を記載しておくほうが親切です。)

見込み客も最初は無料ということで登録のハードルが低く、たくさんの見込み客リストを集めることができます。

そしてその見込み客リストに商品サービスの魅力を伝えるステップメールやメルマガを送り、あなたのファンになってもらいましょう。

登録してくれる人はあなたの商品サービスに興味を持っている人たちなので、その後のクロージングも楽にできるようになりますよ。

小咄ですが、無料オファーとWEB広告をうまく使えば1ヶ月弱で1000件ほどの見込み客リストを集めることもできます。

1リストあたりの単価も500〜1000円で獲得できることもあります。(業種や時期にもよりますが)

それには無料オファーの内容やLP、ウェブ広告のコツが必要ですが、それをきちんと押さえればとても効率的に見込み客リストを集めることができるのです。

実際、私のところに長く依頼してくださっている方はそのコツをすべて押さえたもので広告をまわしていて、1リストあたり600円程度で獲得できています。

無料オファーを使った見込み客リスト収集、うまく活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。